ダンスで食べていく夢を追って武富士へ駆け込む

私が生まれて初めて消費者金融のドアを開けたのは20代前半、ダンスで食べていきたいなあー!と思っていた頃でした。

毎日4〜6時間はレッスンを受け、オーディションに受かり、喜んだのもつかの間、渡されたのはチケットノルマ。。。

知人、友人、親戚など買ってもらえる人には買ってもらったのですが、まだあと10万。。

当時、貯金って何ですか?な感覚だった私にはアルバイトはしていましたが生活費やレッスン代に消えていくのみ。

とても払える額ではありません。毎日お弁当持参しても無理な金額です。

当時よく配布されていたティッシュチラシの中に入っていた武富士。頭の片隅で気にはなっていたけれど、まさか自分があそこでお金を借りるなんて!?いやいや!どうせ借りるなら踊っているCMのあそこで!!

少しは踊っている人たちのギャラに還元されるんじゃないか?ともう初めて闇金からお金を借りに行くような人のへんなテンションで当時新宿にあった武富士の店舗に手汗MAXで向かったのでした。

このページの先頭へ