引っ越し資金を借金でやるとエライ目に合う

私が一人暮らしを始めたのは上京して半年が過ぎた頃でした。最初は友人をあてにして数日、泊まらせてもらう予定で遊びに行っただけでした。

ところがやはり大都会東京。都会の遊びが面白くなり、私もこのまま東京に住もうかと思い始めました。

その友人の紹介で日払い可能なアルバイトを始めましたがやはり、ずっと一緒に住むとなるとその友人も困ることになるし、お互いプライベートがないと疲れてくるようになり思い切って審査の楽な消費者金融で引っ越し資金を借りることにしました。

アルバイト代で生活するのは問題なかったのですが家賃がやはり高いので心配でした。

最初の二、三ヶ月は支払期日にきちんと払っていましたが半年を過ぎる頃には一週間遅れ、次は10日遅れ、次は1ヶ月遅れ、、、と支払い遅れが続くと大家さんでは無く不動産屋から連絡が入り、来月二ヶ月分支払わないと退出してもらうとのこと。

今、引っ越しするお金もないので限度額を増やして家賃を支払い、こういった事が何度か続いて、毎月の返済額が徐々に増えて行きました。

最終的に親に泣きついて返済してもらい、実家に戻って借金返済のために地元で働き給料の殆どを親へわたして完済するまで一年半掛かりました。

軽い気持ちで借りたはずが気が付けば自分では返済不可能になってしまいました。

このページの先頭へ